最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 野登呂山(のとろさん:標高453m) | トップページ | 恐羅漢山(おそらかんやま:標高1346m) »

2010年4月23日 (金)

阿武山(縦走コース)

001

002

アストラムラインの毘沙門台駅から出発です。

003

毘沙門台の住宅地を通り、緑井毘沙門天へ向かいました。

緑井名物の「びしゃもん子ねこ」です。正直で、優しい性格の男が連れて帰った子ねこが小判に変わっていたというお話しです。

006

仁王門です。この上に鐘楼があります。

007

金剛力士(仁王様)です。

004

朱い灯籠の参道を登っていきます。

005

いつ見てもユニークな布袋尊です。

008

狛犬ならぬ狛虎がお出迎えです。

009

ご多分に漏れず阿形(あぎょう)と吽形(うんぎょう)の狛虎がいました。

虎は毘沙門天のお使いなのです。

上杉謙信は、元の名を長尾景虎と言いましたが、自らを毘沙門天の生まれ変わりと考えていました。

010

ここにも虎の絵が・・・・・。

011

毘沙門天のとなりにある東明寺です。

012

   

ここから緑井権現山に登って行きます。

013

里見の岩です。武田山、火山が見えます。

014

多宝塔です。原爆犠牲者の慰霊のために建てられました。入り口は爆心地の方を向いています。

015

坂村真民の「念ずれば 花開く」です。

016

緑井権現山に向かってさらに登っていきます。

017

途中の展望は良好です。

018

019

毘沙門天から、阿武山まで歩きやすいように人工のマットが敷いてあり、いたれり尽くせりの山です。

020

緑井権現山に着きました。山頂にはマイクロウエーブの電波施設が林立しています。

021

緑井権現山の三角点です。

022

次に目指す阿武山が見えてきました。

023

案内板です。

024

太田川まで5km。長い道のりです。

025

鳥越峠まで下って行きます。

026

ここが鳥越峠です。折れれば七軒茶屋に降ります。

027

高度を増すにつれ、遠くまでよく見えるようになります。

029_2

阿武山の三角点を踏みます。

030

ここから、アップダウンの多い標高500m以上の道を歩いていきます。

0021

阿武山から534m峰まで4つのピークがありました。

031

こちらの道は、阿武山までの明るい道とは反対に暗い森林地帯を行きました。

032

太田川登山口に出ました。

033

ここに福音荘がありました。

034

アストラムライン毘沙門台駅から、JR八木駅まで、12kmの道を歩きました。

« 野登呂山(のとろさん:標高453m) | トップページ | 恐羅漢山(おそらかんやま:標高1346m) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿武山(縦走コース):

« 野登呂山(のとろさん:標高453m) | トップページ | 恐羅漢山(おそらかんやま:標高1346m) »