最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

2022年7月16日 (土)

つかあさい つかんせぇ

下さいという意味の鳥取県東部の言葉ですが、現在70歳以上の方が使っています。倉敷出身の長門勇さんがよく「つかあさい」を使っていたので鳥取県と岡山県の方言です。ちなみに鳥取県でも米子弁では「ごしない」です。

001_20200711051901

2022年4月30日 (土)

天神峡

芳井町は今は井原市に編入されていますが、備前の吉井町と同じ読み方をしていました。広島県の神石高原から県境を越えて高梁川に流れ込む川が小田川です。小田川の県境に近いところにあるのが天神峡です。小田川は昔からしばしば氾濫を起こしてきた川ですが2018年7月には高梁川との合流点付近で大きな被害を出しました。

 

001_20200502050901001_20200502050901

 

002_20200502050901

2021年8月21日 (土)

天神山(てんじんやま:標高189m)

天神山

 

 

001-1_20200305210001

 

002_20200305210001

 

 

 

 

立川町4丁目の稲荷神社から出発です。

 

003_20200305210001

 

 

 

 

この場所にかつて天満宮があり、天神山の名前の由来になっています。

 

なお、現在の天満宮は稲荷神社と一緒になっています。

 

004_20200305210001

 

 

 

 

法美平野が広がっています。
005_20200305210001

 

 

 

 

いきなり急登を登って行きます。しかし、道は歩きやすいです。

 

006_20200305210101

 

 

土塁があります。
007_20200305210101

 

 

 

堀切です。

 

008_20200305210101

 

 

稲荷神社から15分程度で山頂に着きました。数年前までの地図には、ここは源太夫山と

 

表記されていましたが、源太夫山は、この天神山の北側にある山であることがわかりました。

 

009_20200305210101

 

 

 

山頂には展望がありませんが、広くなっています。

 

010_20200305210101

 

下りは、尾根に沿ってヤブの中を降りて行きます。

 

011_20200305210201

 

 

立川墓地に降りました。

 

012_20200305210201

 

 

天神山

2021年8月14日 (土)

コナンのふるさと

鳥取県北栄町

 

旧大栄町は、大栄スイカと砂丘長いもの産地として有名です。

 

それと、『名探偵コナン』の原作者青山剛昌さんの出身地でもあります。

 

001_20200304051901

 

 

 

 

「道の駅大栄」道の駅として、正式に認められた全国第一号です。(島根県の掛合の里が第一号ともいわれていますが、これは、ドライブインとして開業しているので、まちがいです。)

 

002_20200304051901

 

 

 

 

コナン大橋です。

 

 

003_20200304052001

 

004_20200304052001

 

005_20200304052001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コナン広場です。

 

006_20200304052001

 

007_20200304052001

 

 

 

 

 

 

 

2021年8月11日 (水)

丹後と因幡

】鳥取市からだと同じ県内の米子市に行くより京都府の久美浜(京丹後市)にいく方が近いです。鳥取県東部から京都府北部まで山陰海岸国立公園に指定されていて山陰海岸ジオパークに認定されています。因幡、但馬、丹波、丹後は一つの文化圏と考えて良いと思います。鳥取からみると出雲の国は遠いイメージがあり、なじみがありません。鳥取人は但馬や丹後に親近感があります。
5月10日は稲葉神社のお祭りですが、稲葉神社の近くに半月状の田んぼがあって、そこに因幡天さんがおりてきたという話を明治生まれの人から聞きました。半月状の田んぼと言えば、京丹後市の峰山町の月の輪田がそうです。月の輪田と因幡天さんの田んぼの関係はわかりませんが、因幡と丹後は昔から深いつながりがあったのだと思います。

001_20200515052401

002_20200515052501

2021年6月19日 (土)

倉吉線の思い出

【】1985年まで現在の山陰本線倉吉駅と関金町(現倉吉市)の山守駅を結ぶ倉吉線が存在していました。1972年までは今の倉吉駅は《上井駅》と呼ばれていて、倉吉線にあった打吹(うつぶき)駅が1972年までの《倉吉駅》でした。上井駅は米子ー鳥取間で唯一《特急まつかぜ》が停車する駅で乗降客の多い駅でした。倉吉の陸上競技場で大会があるときには上井駅(倉吉駅)で乗り換えて倉吉駅(打吹駅)で降りていました。当時、鳥取からでも米子からでも上井まで急行で1時間あまりでしたが、上井から倉吉まで30分くらいかかっていました。バスなら20分もかからない距離でしたが倉吉線はやたら遅かったです。倉吉線は山守から中国山地を越えて姫新線の中国勝山駅まで延伸する計画がありましたが、その夢もむなしく廃止されてしまったのです。
今でも倉吉線の跡はところどころ残っています。
(上井駅と倉吉駅の関係は、現在の新山口駅(小郡駅)と山口駅の関係によく似ています。)

2021年6月 5日 (土)

安泰寺

兵庫県美方郡新温泉町(旧浜坂町内)
旧浜坂町と香住町(現香美町)の間にある久斗山の中腹にある曹洞宗安泰寺です。安泰寺はもともと戦前の1921年に丘宗潭禅師(1860ー1921)によって京都の大宮玄琢に開山されました。澤木興道老師や内山興正老師が入山されていたお寺でもあります。安泰寺は1976年に現在の浜坂・久斗山に移転しました。移転後住職が除雪中に事故死するという出来事がありましたが2002年からネルケ無方師が住職を務め2020年からは中村恵光師が住職に就任することになっています。安泰寺は鳥取市に近く、冬は積雪の多い厳しい環境になりますが、禅の道場の本来の姿である自給自足の生活をするのに適しています。

001_20200510052301

002_20200510052301

003_20200510052301

004_20200510052401

【天然記念物】唐川のカキツバタ

鳥取県岩美町

鳥取県の東の端、岩美町の唐川地区に日本三大カキツバタ自生地の一つがあります。

001_24


唐川湿原は標高370m~400mの高原の谷間の小川と大沢池という池に沿った東西200m、南北800mの範囲にある湿原です。
この唐川湿原には5月下旬から6月上旬にかけて、紫色のカキツバタの花が咲き誇ります。

002_19


唐川湿原は、カキツバタだけでなく、100種類の湿原植物が自生しているほか、ハッチョウトンボも生息しています。

003_12


唐川のカキツバタ

2021年5月22日 (土)

日本唯一の日本刀博物館

岡山県瀬戸内市

中世以降はたたら製鉄の中心は島根県と広島県に移ったと考えられますが(とは言っても島根県・広島県は古くから製鉄が盛んでした)古代は岡山県や兵庫県がたたら製鉄の中心でした。その鉄を利用して備前地方は刀の産地になったのです。特に長船(瀬戸内市)にはたくさんの有名な刀匠がいました。そして刀といえば長船と言われるまでになったのです。

001_20200317053101

002_20200317053201

003_20200317053201

2021年5月15日 (土)

麒麟獅子舞

因幡(鳥取県東部)と但馬(兵庫県北部)の郷土芸能である麒麟獅子舞は日本遺産に認定されました。

001_20200124051501

002_20200124051501

003_20200124051501

より以前の記事一覧